ジノ。

愛と青空の日々,ときどき【虫】

魔法のジャングルブーツ 回鍋肉からトパーズまで

 

  f:id:xjino:20190120165521j:plain

     昨日一日で15キロくらい歩きました。


 いえウォーキングとかじゃなく,ちゃんと目的地のある「歩き」です。


 まず朝いちばんに往復2キロ,大学の正門前へ。関わっている高校生の激励に。


 そこから帰ると自動車整備工場へ12か月点検に。私のブログでおなじみ,那珂湊大橋のたもとの田んぼの中の整備工場。待ち時間の間そこらをうろついてヒマを潰します。ある時は那珂湊を散策し,ある時は田んぼのコシヒカリを鑑賞し。今回は田んぼの水路の生きものを見ようと水中網を用意してきたのですが,もうお昼近い。ハラへった。30年来馴染みの中華料理店でご飯たべようかな,と思い立ちました。


f:id:xjino:20190120165604j:plain
 こんな風景を見ながらてくてく歩きます。片道2.5キロ,30分ほどです。


f:id:xjino:20190120165631j:plain
 このお店。中華料理「楼蘭」。

 


f:id:xjino:20190120165649j:plain
 30年間「いつもの」で作ってくれる回鍋肉ホイコーロー。30年前はまだマイナーな料理で,メニューには「豚肉キャベツ味噌炒め」とありました。滋味深く濃い味付けにハマりました。よそでも同じものを注文するのですが,ここ以上の味に出会ったことはありません。


f:id:xjino:20190120165745j:plain
 ごちそうさま。マスターは昨年奥様を亡くされました。どうかお体に気を付けて,この味を守ってください。


 往復5キロは丁度いい腹ごなしです。とにかく歩くことが苦ではありません。

 


 そんな私の「歩き」を支えてくれるのがこれ。ジャングルブーツ!

f:id:xjino:20190120165820j:plain
 最も廉価版の,合皮というのもおこがましいペラペラ素材,クッション性ゼロ。アメ横で4千円,ネットならもっと安く。消耗品と見切って,痛んだら次々と新しいものに買い替えてます。20年以上前からで,今のが何代目かなんて数えてません。


 クッションソールを入れ,必ず登山用靴下を履いて足を守ります。これで東京行も密林踏破も登山も火星探検もこなします。登山ではご婦人の団体を率いたイキがりジジイに因縁つけられたこともありますが,意に介しません。

f:id:xjino:20190120165951p:plain


 軽登山靴も持っているし,お高いタクティカルブーツを試したこともありますがしっくりきませんでした。このジャングルブーツなら,私は剣と魔法の異世界でも旅を続けられるでしょう。そう,魔法のジャングルブーツなんです。東京に行くとき必ず履いているのも,かの脆弱な首都で大地震に遭うことを想定しているから。この靴があれば大丈夫。いや笑い事じゃないってば。

 


 さあ今日の冒険はまだ終わりません。このブログで鉱物採集モノが人気なので,トパーズが拾えるという某鉱山跡に下見に行こうと思います。


f:id:xjino:20190120170040j:plain
 というわけで2時間後にはケータイ圏外の山の中。典型的な茨城の冬景色。まだ場所は秘しておきますね。いえその筋では有名な鉱山跡なんですが。


f:id:xjino:20190120170124j:plain
 こんな林道を片道4キロ歩きます。午後2時半。マトモな人は,こんな時間に山に入るようなおバカな真似をしてはいけません。


f:id:xjino:20190120170152j:plain
 よせばいいのに道を外れて沢を歩いたり。でも魔法のブーツがあれば大丈夫。ガンガン歩けます。


f:id:xjino:20190120170212j:plain
 これが目的地。鉱山のズリ山の跡です。

 

f:id:xjino:20190120170241j:plain
 軽く探索してみますが,それでトパーズがざっくざくなんてありませんよ。今回の目的は現況確認です。最後に来たのが十数年前だったもので。深追いは禁物,前にも申し上げたように,鉱物採取は無欲であることが肝要です。


f:id:xjino:20190120170304j:plain
 月は東に日は西に。さあ帰りましょう。


f:id:xjino:20190120170333j:plain
 この日の激闘のあと。キミのおかげで今日も冒険を完遂できた。本当にありがとう。

 

 

↓ 関連記事。

とても遠くがみえた日 - ジノ。

茨城の米はコシヒカリ - ジノ。

久慈川メノウ拾い 一敗地にまみれる - ジノ。

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 季節・四季へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野の花へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ 備忘録・メモへ
にほんブログ村

鳥さんとの攻防

   f:id:xjino:20190120132126j:plain

 庭のキンカンをめぐる鳥さんたちとの戦いは新局面を迎えました。

 


f:id:xjino:20190120132154j:plain
         防鳥ネットだあ!

 


 見てください,ネットを張った直後の,この鳥さんたちの顔を。


f:id:xjino:20190120132259j:plain
 えええ

 とか


f:id:xjino:20190120132347j:plain
 おいおいおい


 とか言ってますよね。 ……ってこれ,私の口癖だ。

 


 これで我がキンカンはゆっくり収穫できます。鳥さんたちの目の前で,悔しがらせながら。笑いが止まらないぜふゅふゅふゅふゅ。

 


 ん?


f:id:xjino:20190120132710j:plain


 あれ?

 

f:id:xjino:20190120132744j:plain

 ちょ,ちょっと。

 

f:id:xjino:20190120132759j:plain



 ヒチコックの「鳥」を思い出す光景です。襲われるのか,わし。

 

f:id:xjino:20190120132854j:plain

 なーんて。実は以前から冬になると家の周りの電線はムクドリの集合場所です。


f:id:xjino:20190120132826j:plain
 原因はこれ。ご近所にセンダンの木があって,この実が鳥たちの晩ゴハン

 

f:id:xjino:20190120132917j:plain
f:id:xjino:20190120132931j:plain
 だから電線の下はこう。フンとセンダンの種だらけ。

f:id:xjino:20190120132954j:plain

 種は吐き出してるのかな。きれいに食べるものです。3軸放射相称の形が独特です。

 

f:id:xjino:20190120133014j:plain

 まあ何とか冬を越してね。うちの庭をアテにせず。

 


 あとから気づきました。

 

 

f:id:xjino:20190120133049j:plain
 反撃食らってた。車の右後部に集中して8発。

 


 鳥畜生めええ

 

 

 

 ↓ 前回のお話。

部分日食の間もキンカン食ってやがった - ジノ。

 

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 季節・四季へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野の花へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ 備忘録・メモへ
にほんブログ村

はるかな尾瀬の花々 たぶん生涯ただ一度の「夏の思い出」

 


f:id:xjino:20190114215942j:plain

 それは2002年の夏。突然降りかかってきました。


「高校生を尾瀬まで連れて行ってくれませんか?」

 
 ええええっ

 

f:id:xjino:20190114221148j:plain 湿原の花

 あらましはこうです。ある高校の先生が,高校の生物部の生徒たちを尾瀬に連れていく計画を立てました。その方は山はど素人,でも情熱だけで突っ走るタイプでした。ぜひとも高校生に尾瀬の自然を見せたい! いやいやその方も行ったことはありません。そこで実際の行動計画は山岳部の顧問の先生に委ねられました。これがまた問題だったのですが。


f:id:xjino:20190114221041j:plain アカモノ


 さて山小屋の予約も済み,茨城からだと乗り換えが多くとても行程が複雑な鉄道の切符も購入して,あとは行くだけという段階になって,この先生,自分が別用で引率できないことに気付きました。

 

f:id:xjino:20190114221245j:plain アザミの類

 おいおいおいおい。

 

f:id:xjino:20190114221353j:plain イワシャジン

 で,私にお鉢が回ってきたと。

 

f:id:xjino:20190114221433j:plain イワショウブ

 ここでとにかく声を大にして言っておきたい。心の底から言いたい。


 ナチュラリストである私は尾瀬に行かない。

 

f:id:xjino:20190114221520j:plain ウメバチソウ

 わかってます。尾瀬の管理は入山者が落とす様々なおカネで成り立っていることを。だからミーハーおばちゃんとかイキがりジイさんが行くことは制限しません。せいぜいわーここが尾瀬よーキレイねーちょっとナカムラさんお花摘んじゃダメよえーだってせっかく来たんだしーさあみんな写真撮るよーうわあ木道から落ちちゃったぜおい花踏んでるぞ仕方ねえなあとかやってください。でもナチュラリストは,少なくとも自然のシステムを理解していて,単独行を好み,尾瀬の自然を守りたいという心を持っている人なら,行ってはいけません。人が行くことで尾瀬の自然が汚れるのだから。

 

f:id:xjino:20190114221631j:plain オオカメノキ

 大型動物である人間一人が動き回り,食事し,排泄し,休息する。それだけでどれほどのエネルギーと物質が動くことになるか。いくらヘリコプターまで使って出たモノを運び出しているとはいえ,影響はあるのです。だから,少なくともナチュラリストは,心すべきと思うのです。いえ強制はしません。ただ私は,生涯尾瀬には行かないと心に誓っていたのです。

 

f:id:xjino:20190114221713j:plain オオバスノキ

 それがこの騒ぎだよ。なんやかんやで,あっさりこの誓いはホゴにされることとなりました。

 

f:id:xjino:20190114221804j:plain オゼコウホネ

 山岳部の先生が立てた計画がまた無茶で,初日に鳩待から山ノ鼻に入り宿泊,翌日は至仏山に登頂したあと尾瀬ヶ原を縦断して温泉地区の山小屋へ。最終日は4時起きで御池まで直行してバスに乗るという山岳部的強行軍。女子までいる山ど素人の高校生集団なのに。

f:id:xjino:20190117212816p:plain

 

 

f:id:xjino:20190114221844j:plain オゼヌマアザミ

 そんなわけで行ってきたのですが,初日は台風の接近もあって天気の不安があり(それでも降らなかったのは我が神通力),以後もトラブル続きでやっぱり楽しかったとは言いづらい山行となりました。季節も8月後半の,尾瀬の花を見るには微妙な時期だったし。

 

f:id:xjino:20190114221942j:plain オゼミズギク

 でもとにかく花々の写真は撮りまくりました。当時の旧式カメラとヘタクソな腕前ですが,こうして記録を残せたことは,まあよかったなと。ここをダムに沈めようとしていた某電力会社がとうとう水利権を放棄したとはいえ,尾瀬がこのままあり続ける保証はないのだから。偉そうに誓いとか言いましたけど,やっぱり行って良かったな,と正直に申し上げます。

 

☆ 写真はすべてクリックで拡大できます。

 

f:id:xjino:20190114222025j:plain ゴマギ

 f:id:xjino:20190114222058j:plain ゴマナ

f:id:xjino:20190114222134j:plain サワギキョウ

f:id:xjino:20190114222149j:plain ジャコウソウ

f:id:xjino:20190114222222j:plain ソバナ

f:id:xjino:20190114222250j:plain タカネオトギリ

f:id:xjino:20190114222329j:plain タケシマラン

f:id:xjino:20190114222417j:plain チョウジギク

f:id:xjino:20190114222435j:plain ツリガネニンジン

f:id:xjino:20190114222454j:plain ツルリンドウ

f:id:xjino:20190114222512j:plain トモエシオガマ

f:id:xjino:20190114223056j:plain
 こんな看板があっても

 

f:id:xjino:20190114223146j:plain
 人の言うこと聞かないひとはいるものです

 

f:id:xjino:20190114222533j:plain トモエソウ

f:id:xjino:20190114222608j:plain ヒツジグサ

f:id:xjino:20190114223318j:plain マルバダケブキ

f:id:xjino:20190114223400j:plain ミズバショウ

f:id:xjino:20190114223537j:plain ミツガシワ

f:id:xjino:20190114223619j:plain ミヤマアキノキリンソウ

f:id:xjino:20190114223657j:plain ヤマトリカブト

 

f:id:xjino:20190114223745j:plain
        至仏山

 

f:id:xjino:20190114223837j:plain
      燧ケ岳 これ有名な木なんだって。

 

f:id:xjino:20190114224016j:plain
       尾瀬ヶ原全景

 

 
 はるかな尾瀬。遠い遠い山のかなたに,それはまるで夢の異世界のように,霧に隠された禁断の桃源郷のように,私の胸の内にあり続けるでしょう。

 

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 季節・四季へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野の花へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ 備忘録・メモへ
にほんブログ村

部分日食の間もキンカン食ってやがった

f:id:xjino:20190107225052j:plain

 部分日食,極大の時間はあいにく薄雲がかかったままでした。何とか光球面は見えたので写真は撮れた。これで良しとしましょう。



 さてそれではキンカンの収穫に,と庭に出たら,キンカンからばばばっとヒヨドリが3羽飛び出しました。しまった,食われてた。

f:id:xjino:20190107225120j:plain
 あろうことか,そのうちの1羽はまっすぐにクチナシまで飛んでいき,実を一つ食いちぎって平らげました。

 こ・の・鳥畜生めええっっ

 


f:id:xjino:20190107225232j:plain
 エエイ憎しやエエ口惜しや。可愛い目をして見せても罪は滅びず。許さんぞ。

 


f:id:xjino:20190107225406j:plain
 と思ったら,ムクドリも一緒にキンカンを窺っているのに気付きました。


 そこにドバトが飛んできて,私の姿を見て慌てて方向転換していきました。スズメ隊も屋根の上から見ています。昨日はキンカンの枝からメジロの群れがわっと飛び出していきました。


 ここは貴様らのエサ場じゃねえっっ


 すっかりご近所の鳥畜生どもの食堂と化しています。キンカン,本当はもう少し熟してから採取したいのですが,色付けばヤラれるのでのんびりしてられません。


f:id:xjino:20190107225618j:plain
 被害の様子。これはヒヨドリです。ドバトは落とされた実をついばんでいます。


f:id:xjino:20190107225649j:plain
 これ,もう人間様は食べられないのわかりますか? メジロに突かれているんです。はい,ダメです。


 ささやかな庭で,植物の恵みに静かに心が満たされる。こんな小市民の楽しみすらも奪っていくとは,なんと残酷な自然でありましょうか。ってゆーか,鳥どもめどうしてくれようか

 

  関連。

キンカン2018,年暮るる - ジノ。

 

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 季節・四季へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野の花へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ 備忘録・メモへ
にほんブログ村

久慈川メノウ拾い 一敗地にまみれる

     f:id:xjino:20190106200705j:plain

 

 正月も5日。無性に歩きたくなりました。正月行事で自分の時間がなかったし。よし歩こう。久慈川を。


 そうです今年の運試し。メノウ拾いに行ってみるのだ。

 

f:id:xjino:20190106200754p:plain
              Yahoo! Japanより
 場所はここ。ヤフーの地図の衛星写真を見ていたら,地形図では存在がわからない礫の河原をみーつけた! えらく広いぞ。ここなら真っ赤なメノウがざっくざくだ! いざ。 ……実は久慈川でメノウを拾う昨年3月の記事が大人気でして,いつものうろうろ歩きの報告の一つくらいに考えていたのでとても驚いています。実際に私の記事を見てメノウ拾いに出かけた方もおられるようですね。さあ大変,責任問題だ。


 そんなわけで,確実に拾える場所はないものかと久慈川沿いを物色していたのです。ここに行けば拾えますよ,と。ネットに晒しては元も子もないような気がしますが,私の読者様に得する方がいればそれで良いのだ。


f:id:xjino:20190106201055j:plain
 凍った地面。正月5日にわし何をやっているんだろうという疑問はあえてふり捨てて。

 

f:id:xjino:20190106201115j:plain
 まだ陽も射さぬ朝ぼらけ。いやとうに陽は昇っているのですが,奥久慈の山峡ですので。見えているのは辰ノ口堰たつのくちぜきです。


f:id:xjino:20190106201155j:plain
 河原だ! これぜんぶ石だ! 拾い放題だ! え?これみんな拾っていいの!? ……いや落ち着けって,五十越してるんだから


f:id:xjino:20190106201220j:plain
 硅化木がありました。


f:id:xjino:20190106201233j:plain
 木目も観察できます。でもあまりきれいな標本ではないのでリリース。


 ところがメノウが見つからない。広大な河原を,足場が悪いのをものともせずに歩き回るのですが見つからない。こんなはずではなかったのに。


f:id:xjino:20190106201303j:plain
 鮭の骨。ここはたくさんの鮎と鮭が遡上する豊かな川です。でもメノウがない。


f:id:xjino:20190106201318j:plain
 あったー! ようやく一個め。


f:id:xjino:20190106201336j:plain
 ちっこい。


f:id:xjino:20190106201357j:plain
 色は良いんだけどなあ。


f:id:xjino:20190106201413j:plain
 二個め。やっぱりちっこい。ここまでで1時間以上歩いています。


    f:id:xjino:20190106201441j:plain
 河岸を(文字通り)変えましょう。一つ上流の河原までやぶ漕ぎ。途中でマンリョウが実を付けていました。

 

f:id:xjino:20190106201510j:plain
f:id:xjino:20190106201543j:plain
 次の河原。メノウの白いヤツ,玉髄を見つけました。これも写真だけでリリースします。


f:id:xjino:20190106201616j:plain
 タヌキの足跡。


f:id:xjino:20190106201637j:plain
 淵のところに露頭(崖)がありました。そんなに古い時代のものではありません。


f:id:xjino:20190106201658j:plain
 不整合だ。この写真,何かの教材に使えないかな。


f:id:xjino:20190106201728j:plain
 貝化石の層もあったのですが,状態は良くありません。掘り出したらボロボロに崩れるでしょう。

 

f:id:xjino:20190106201747j:plain
 ようやくメノウ3個め。


f:id:xjino:20190106201803j:plain
 赤みはあるけど,う~ん。


f:id:xjino:20190106201823j:plain
 4時間以上歩き回ってこれだけ。


 実はこのあと,「確実に拾える」とご紹介した玉川にも行ってまた歩き回ったのですが,落ち葉が積もっていたり氷結していたりで,なんと一個も拾えませんでした! すいません,確実ってのはウソでした。春にならないと無理のようです。


 今日はデカいの拾ってやるぞ,いい場所見つけてやるぞ,読者に喜んでもらって感謝されてやるぞひっひっひと。そうです,欲にまみれて暴走した一日でした。結果がこれです。それなりに鍛えているのはずの足が痛くなるほどに歩いてしまった。賭け事に負けてムキになり,そこから全財産を失うというのはきっとこんな状況なのでしょう。我を忘れていました。


 以前の記事で偉そうに,メノウ拾いの極意は欲をかかないことだなんて言いましたよね。欲をかくとこうなるという見本のような一日です。


 それにしても。


 久慈川本流では,本当にメノウが少なくなりました。ここより上流,北富田というところにメノウ鉱山があって,そこから出るズリが久慈川へのメノウの供給源。とうに閉山していますが,少なくとも私が若いころまでは河原に降りれば入れ食いで拾うことができたのに。残念ながら「ジノさんのメノウ拾いツアー♪ 」は開催できそうにありません。


 というわけで改めて。

 久慈川でのメノウ拾い,焦らずに。気候の良いときに,河原で遊ぶついでにお土産ができたらいいなくらいの感覚でどうぞ。自然に遊んでもらう,でもいいかな。美しい風景に包まれるだけで,来た甲斐がありますよ。

 

f:id:xjino:20190106202009j:plain
        今日も青空でした。

 

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 季節・四季へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野の花へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ 備忘録・メモへ
にほんブログ村

キンカン2018,年暮るる

 

 f:id:xjino:20181231124209j:plain

       2018年ももう暮れます。


 皆さんにはどんな一年だったでありましょうか。私はとにかく忙しかった。職場の人たちの前では言えないけれど,心染まぬ仕事で忙しかった。頼りにされるのはありがたいけれど,楽しく仕事ができたわけではない。けっこう自分を削った一年でした。

 

 そこでこのブログ。本当に,良いはけ口になりました。世の中には表のSNSには格好良いこと書いて,別(裏アカと言うそうな)ので人の悪口を書くなんてこともあるそうですね。ガラケーの私にはこのブログだけ。ひたすら現実逃避に使わせていただきました。お付き合いありがとうございます。


f:id:xjino:20181231123837p:plain
 昨年9月に始まって順調にアクセス数を伸ばしたのですが,とうとうこの12月,アクセスが減りました。


 理由はまあわかります。皆さんお忙しかったのであろうな,と。


 こういう実用性に乏しいブログですから,それなりに心の余裕がないと訪問する気にはなれなかったでしょう。かくいう私も,今月はここまで6つしか記事を書けなかった。逃避する余裕もなかったのです。残業手当も付かないのに毎日13時間も職場にいるなんて,時代錯誤も甚だしい限りです。


f:id:xjino:20181231123926j:plain
 書斎デスクまわり。ここでジノ。を書かせて頂いてます。脇にある丸石たちが増えて,ほぼ宗教。単なるコレクションなんですが置き場が無くて。

   f:id:xjino:20181231123937j:plain

 


 昨日,庭のキンカンを収穫しました。無農薬。ナマでかじってその甘さにびっくりしました。熟するそばからヒヨドリにつつかれるので,こまめに収穫していこうかと思います。砂糖煮にします。今年は豊作です。

f:id:xjino:20181231124131j:plain


 来年も,茨城の片隅から身近な自然や名もない生物屋の日常を綴っていければと思います。よろしくお付き合いくださいませ。

 

f:id:xjino:20181231123735j:plain

 

     金柑に 陽光ひかり集めて 年暮るる

 


  キンカンは晩秋の季語なんですが,まあいいか。

 

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 季節・四季へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野の花へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ 備忘録・メモへ
にほんブログ村

エネループが好きっ


 f:id:xjino:20181230170016j:plain

  エネループが好きなのだ。


 たぶん2百本近く買っています。あちこちに使いまくって自分でも忘れていて,例えば風呂場のリモコン電池換えなきゃと開けてみたらエネループ,トイレのリモコンそろそろ電池切れかなと開いてみたらエネループ,ホコリかぶった非常用ランタンを点検したらエネループ。自分でも呆れるくらいエネループ三昧。旅立つ人に持たせたりもしました。


 買い続けた時期がちょうどエネループの第二世代から第三世代への代替わり,そしてパナソニックへの身売りの時期と重なって,3種類が混在しています。


f:id:xjino:20181230170050j:plain
 第二世代。一重の王冠マーク。


f:id:xjino:20181230170116j:plain
 第三世代は王冠が二重に。


f:id:xjino:20181230170151j:plain
 身売り後のモデルチェンジでPanasonicのロゴが盛大に。ちなみに海外向けはeneloopのロゴのままだそうです。その方が売れるから。セコくないかい?


 充電式としては旧型のニッケル水素電池。でもその性能を究極まで突き詰めて,最大の弱点である「メモリー化」を克服。大容量で,いつでも継ぎ足し充電ができる。開発したサンヨーの技術力には本当に恐れ入ります。そしてサンヨーの経営悪化により電池部門は丸ごとパナソニックへ。「Panasonic」がデカく「eneloop」がちっちゃいデザインに変更されて今に至ります。なんと哀れな。


f:id:xjino:20181230170225j:plain
 とりあえず電池ボックスにストックしてあるのが76本。すべて半年に一回追加充電しています。充電器,単三を単一や単二として使うためのスペーサーも同梱。これを頼りとする日がいつか来るでしょう。


 そう,きっかけはもちろん,東日本大震災。実は茨城県もかなりの被害が出ました。停電も長いところでは2週間以上。断水,断ガスも。いかに我々が脆弱なインフラの上に生活をしていたかが知れました。ランタンや懐中電灯が頼りの夜の暮らし。そのささやかな光は,私たちの心に何かを浮かび上がらせました。


 そして日本人は強くなりました。2万人もの人が亡くなった大災害に不謹慎な物言いは慎むべきですが,でも我々には得るものがあったのです。日本を襲ったこの不幸に手を叩いて喜んだという某国の人は気づいていないかもしれませんが,日本人はこれをきっかけに強くなりました。様々な備えもするようになりました。そして,これは以前の記事にも書きましたが,この国には命を賭して人々を守ろうとする公務員がいることを再確認できたのも大きな収穫です。自衛官消防官海上保安官,警察官。津波に呑まれるその瞬間まで避難を呼びかける有線放送のマイクを握り続けた女性の役場職員もいました。訓練された人もそうでない人も,職務に殉じる美徳を心に秘めたたくさんの人々が,私たちを支えてくれます。だから我々も備えねば。


 日本は,というか日本人はまだまだ大丈夫。その大丈夫の一翼を担うために,私はエネループで「次」に備えるのです。

 

 

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 季節・四季へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野の花へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ 備忘録・メモへ
にほんブログ村